【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

定年退職 記念品のコツ
http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/



【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:18年09月05日

シェイプアップのご飯方法では
「質」が重要なポイントとなります。

ご飯の質とはそのカロリーの中身です。
いくら摂取カロリーを抑えていたとしても
脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
シェイプアップの妨げになるばかりです。

正しい栄養バランスで
ご飯を食べることがとても大切なのです。

では
どのようなご飯がシェイプアップに最適なのかというと、
ポイントは3大栄養素のバランスです。

これは栄養学の基本であり、
これを正しく理解しておかないと
シェイプアップの成功はありえないと言っても
過言ではないくらい重要です。

では、3大栄養素の中で
最も人間の体質に必要な栄養素は炭水化物です。

炭水化物は人間のエネルギー源であり、
炭水化物が不足すれば人間の活動レベルも低下しますし、
シェイプアップに関しても逆効果を招くのです。
そのくらい重要ってことですね。

さて、
そこで問題となるのがシェイプアップを行う場合、
みなさん真っ先に炭水化物を減らそうとするのですが、
これが大きな間違いなんですよね。

「PFCバランス」と言う栄養比率があります。
PFCバランスは
ご飯の理想的な3大栄養素の比率を割合で示したもので、
その割合を目安にする事で健康的であり、
太りにくい食生活となる比率のことです。

現代人の食生活は欧米化による脂質の高い食生活になっており、
栄養バランスが崩れがちです。

シェイプアップでご飯に気をつける場合、
PFC比率を目安にご飯を摂ることが
理想的な食事となるのです。

シェイプアップでは
トレーニングを行うためタンパク質の比率をやや重視して
ご飯することが効果的となります。