【レーシックガイド】レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 



【レーシックガイド】レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:19年03月19日

こんちわっすー

減量している人にとって、
ホワイトデーというのは、結構つらい試練ですよね。

やっぱり、
もらったスナック菓子を一気に食べてしまう事は、
避けた方がいいと思います。

でも
分散させて毎日ちょっとずつ…というのも、
実は結構怖いことがあるようです。

と言うのは、
毎日少しずつ食べるというのは非常にいいのですが、
手元にスナック菓子があると、
つい午前中起きたりしたときに、
ちょっとつまんで口に入れたりして、
まさに少しずつ食べたりします。

さらに会社や学校から帰って来たときに、パクッと…

これはたまたま貰いものが手元にあるから、
「1回くらい」と思って誰でもやってしまうことで、
こういう食べ方自体は
減量にさほど影響することではないと思います。

問題なのは、
その後で「1回くらい」から始まって、
そのスナック菓子が無くなるまで、何度も続けていると、
それが「習慣」になってくるという事です。

脳が「快感」を覚え込んでしまって、
午前中起きた時や会社や学校から帰って来た時をきっかけとして
脳が快感を求め「食べろ」と命令してしまうんですね。

こうなると、もらったスナック菓子が無くなった後でも
その快感を求め今度は自分で買って食べてしまいます。

さらに量も増え始め、やがてやめられなくなり…という
「悪い習慣」が身についてしまいます。

だから「1回くらい」は悪いことではありませんが、
きっぱりと
「このスナック菓子が無くなったらやめる!」と心に誓ってから
食べるようにしましょう。

できればたくさんもらったモテモテのあなたなら、
妹や母親に分けてあげて、
自分は一口づつ食べると言った具合にした方がベターだと思います。

とっぴんぱらりのぷう