【レーシックガイド】レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 



【レーシックガイド】レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:18年11月17日

皆さん、(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

生理前になると食欲が出てしまって、
せっかくの減量が失敗に終わってしまったなんて、
経験のある方も多いのではないでしょうか。

減量の為に食事制限をして頑張っていても、
生理前になると
食欲が抑えられなくなってしまう方は
少なくないようです。

何度も減量に挑戦するのですが、
生理前になるとどうしても我慢できなくなり、
それまでの努力が台無しになってしまって
悩んでいる方もいます。

でも、
どうして生理前になると、
食欲が出てしまうのでしょうか?

それは、
月経前症候群「PMS」というものが
原因になっているようです。

「PMS」というのは、
生理の14日間前くらいから現れる
からだと心のトラブルの総称で、
女性ホルモンの分泌量が急激に変化することと
関係があると言われています。

「むくみ」も「PMS」の症状の1つです。
生理の一週間前から
生理の最中にむくみがでやすくなります。

これは、
黄体ホルモンという女性ホルモンが
生理前に卵巣からたくさん分泌されますが、
これがからだに水分を貯めやすくしてしまうそうなんです。

また、減量しているのに、
生理中に太ったと感じたことはありませんか?

これは黄体ホルモンだけが原因ではなく、
大腸の働きが低下するために便秘になりやすくなります。
なので、生理前などにからだが重たく感じたりするようです。

でも、これらのことは
生理が始まってしまえば次第に改善されます。
ですから、神経質に気にしたりせず、
減量中は、上手にストレスの解消をしてみてくださいね。

せっかく始めた減量なんですから、
気楽に続けることが大切ですよ!

嗚呼,いい気分